コリン性蕁麻疹の治し方

コリン性蕁麻疹と温熱蕁麻疹の違い

コリン性蕁麻疹と温熱蕁麻疹の違い

コリン性蕁麻疹と温熱蕁麻疹、両方とも発症機序や、症状が似ており、コリン性蕁麻疹を患っている方でも、もしかしたら温熱蕁麻疹ではないかと疑って、間違った治療法をされている方も多くみられます。

 

 

 

 

そんな紛らわしいコリン性蕁麻疹と温熱蕁麻疹でも、比較してみると一目瞭然で、全然違うということがあります。今回は、そんな温熱蕁麻疹と、コリン性蕁麻疹との違いを解説していきたいと思います。

 

 

 

 

そもそも、温熱蕁麻疹とは、お風呂などの温かい環境に身を置いた時や、気温の低いところから高いところに移動したときに、その気温の高さによって引き起こされる蕁麻疹です。

 

 

 

 

コリン性蕁麻疹は、それに比べて、主に発汗によって引き起こされる蕁麻疹で、発汗することで発症する場合と、発汗がなかなかできずに、それが原因で発症してしまう2パターンが主にあります。

 

 

 

 

発汗は、主に体温の上昇、運動などによって引き起こされるものですが、その中の体温の上昇、運動などは、外でやったり起こる場合が多いため、

 

 

 

 

外が暑いときなんかに運動をして、汗をかいても、汗をかくことによって引き起こされるコリン性蕁麻疹なのか、気温の高さによって引き起こされる温熱蕁麻疹なのかが判別しづらいのです。

 

 

 

 

(例外として汗をかいて拭かずに放置することで温熱蕁麻疹が発症する場合もあります。)

 

 

 

 

しかし、判断しやすい見方がいくつかあります。

 

 

 

 

一つは、温熱蕁麻疹は、コリン性蕁麻疹と比べて、蕁麻疹の部分が40℃から50℃前後と、比較的高い熱を帯びることが特徴で、コリン性蕁麻疹はこの熱というものがあまりありません。

 

 

 

 

二つ目は、かゆみの持続性です。コリン性蕁麻疹は、かゆみが出て蕁麻疹が出ても数十分くらいで治りますが、温熱蕁麻疹はそのかゆみがかなり長い間、持続することが言われています。

 

 

 

 

時間がたってもたっても一向に蕁麻疹が引かない、そういう場合に含めて、さらに暑い場所に身を置いてる場合がからむと、コリン性蕁麻疹よりも、温熱蕁麻疹にかかってる可能性が高いといえます。

 

 

 

 

逆に運動をしている時や、汗をかいた時などに主に蕁麻疹が出て、数十分で治るようであれば、コリン性蕁麻疹にかかってる可能性が高いといえます。

 

 

 

 

見分けずらいかもしれませんが、これら二つが主な見分け方であると僕は考えております。

 

 

 

 

オススメ!バスパウダーでコリン性蕁麻疹治療!



今まで、コリン性蕁麻疹が出たときに、メンソレータムや、ムヒを塗ってごまかしたり、首元を冷やしたりなどの対策はしてきましたが、どれも気休め程度で、根本的な解決にいたりませんでした・・・。





でも、そうしているうちでも、コリン性蕁麻疹が発症し、チクチクする痛さと痒さからストレスも溜まって、コリン性蕁麻疹が悪化する一方でした。





前回は、重曹を使った重曹風呂という手法を試し、効果はあったのですが、どうもストレスの解消、お風呂を楽しむという点において、イマイチという感じでした・・・。





そんな状況が続いていた時に出会ったのが、これです。









わかりますでしょうか?





実はこれ、バスパウダーなんです。それも、ただのバスパウダーではありません。





なんと、美容などに詳しい女性モデル、道端アンジェリカさんと共同開発された、一段とデトックス効果、コリン性蕁麻疹の原因であるストレス解消度の高いものだというのです。





(デトックス効果とはいわゆる体内から毒素や老廃物を取り除くことです。)





そんなバスパウダーを使って、コリン性蕁麻疹を改善した方法とはどういったものなのか、その内容を、以下の体験談にてお話したいと思います。










ホーム RSS購読 サイトマップ